#ノーベル賞 特集『なかみ博士の気になる科学ニュース』2018年1月 冬の増刊号 #BOOTHFestival

#ノーベル賞 特集『なかみ博士の気になる科学ニュース』2018年1月 冬の増刊号 #BOOTHFestival

「文理総合系の博士が科学や人文・社会学系の話題を」ニュースからテキトーに考えるコラム雑誌。こちらは、科学編の2018年1月号です。 【特集:ノーベル賞と科学者(たち)】  ・体内時計の研究が受賞~「ノーベル医学・生理学賞にアメリカの研究者」(NHKニュースWEB)ほか~  ・現在のノーベル財団の財政~「ノーベル賞の賞金、1400万円引き上げ 財団「財政が安定」」(AFP通信)~  ・科学研究の支援財団設立と維持の難しさ ~「ノーベル賞受賞の大隅さん、財団設立」(日経新聞)ほか~  ・自主財源の確保が科学研究には重要~「山中教授が「iPS細胞研究基金」への寄付…「研究所の教職員は9割が非正規雇用」…」 (キャリコネニュース) ~  ・ノーベル賞も有望?!高校生が明かした、青い光がハエの細胞に作用する研究~「ハエ、青い光を当てるとなぜ死ぬ? 山梨の高校生が解明」(朝日デジタル)~ 【もっと気になる!なかみ博士の科学ニュース2選】  ・クラゲを食べる生き物は珍しい?!~「衝撃!ペンギンはクラゲを食べていた  国立極地研が世界初の発見映像を公開」(J-CASTニュース)~  ・熱燗文化をより手軽に~「コンビニで熱々の日本酒、全国で発売へ 新技術で実現」(朝日デジタル)~ note.mu内の『仲見満月(なかみ・みづき)の「分室」』(https://note.mu/nakami_midsuki ) のweb雑誌『なかみ博士の気になる科学ニュース』No.1~2から、ノーベル賞に関するニュースをピクアップ。ノーベル賞の賞金や、受賞者のその後の研究資の調達活動、将来の受賞者となりそうな高校生の研究等について、書きました。 【商品データ】  ・タイトル:『なかみ博士の気になる科学ニュース』2018年1月 冬の増刊号  ・著者:仲見満月(なかみ・みづき)  ・発行年月日:2018年1月21日 第1刷  ・ページ数:約60ページ(本文、モノクロ)  ・サイズ:B5(高さ25.7×幅18.:2センチ) ◆購入の際の注意点◆ ・配送方法は、あんしんBOOTHパック(ネコポス相当、追跡番号付き、匿名配送、ポスト投函)のみとなります。 ・表紙や本文の見本画像の色味は、デバイスの環境によって、異なる場合がございます。あらかじめ、ご了承下さい。

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

「文理総合系の博士が科学や人文・社会学系の話題を」ニュースからテキトーに考えるコラム雑誌。こちらは、科学編の2018年1月号です。 【特集:ノーベル賞と科学者(たち)】  ・体内時計の研究が受賞~「ノーベル医学・生理学賞にアメリカの研究者」(NHKニュースWEB)ほか~  ・現在のノーベル財団の財政~「ノーベル賞の賞金、1400万円引き上げ 財団「財政が安定」」(AFP通信)~  ・科学研究の支援財団設立と維持の難しさ ~「ノーベル賞受賞の大隅さん、財団設立」(日経新聞)ほか~  ・自主財源の確保が科学研究には重要~「山中教授が「iPS細胞研究基金」への寄付…「研究所の教職員は9割が非正規雇用」…」 (キャリコネニュース) ~  ・ノーベル賞も有望?!高校生が明かした、青い光がハエの細胞に作用する研究~「ハエ、青い光を当てるとなぜ死ぬ? 山梨の高校生が解明」(朝日デジタル)~ 【もっと気になる!なかみ博士の科学ニュース2選】  ・クラゲを食べる生き物は珍しい?!~「衝撃!ペンギンはクラゲを食べていた  国立極地研が世界初の発見映像を公開」(J-CASTニュース)~  ・熱燗文化をより手軽に~「コンビニで熱々の日本酒、全国で発売へ 新技術で実現」(朝日デジタル)~ note.mu内の『仲見満月(なかみ・みづき)の「分室」』(https://note.mu/nakami_midsuki ) のweb雑誌『なかみ博士の気になる科学ニュース』No.1~2から、ノーベル賞に関するニュースをピクアップ。ノーベル賞の賞金や、受賞者のその後の研究資の調達活動、将来の受賞者となりそうな高校生の研究等について、書きました。 【商品データ】  ・タイトル:『なかみ博士の気になる科学ニュース』2018年1月 冬の増刊号  ・著者:仲見満月(なかみ・みづき)  ・発行年月日:2018年1月21日 第1刷  ・ページ数:約60ページ(本文、モノクロ)  ・サイズ:B5(高さ25.7×幅18.:2センチ) ◆購入の際の注意点◆ ・配送方法は、あんしんBOOTHパック(ネコポス相当、追跡番号付き、匿名配送、ポスト投函)のみとなります。 ・表紙や本文の見本画像の色味は、デバイスの環境によって、異なる場合がございます。あらかじめ、ご了承下さい。